Page 2 of 5

フォトフェイシャルでしみやくすみを改善!内側から美肌を作る!

美容皮膚科での治療というとまずフォトフェイシャルが思い浮かぶのですが、よく聞くこのフォトフェイシャルとはどのような施術なのでしょうか。

私の友人にも定期的にフォトフェイシャルを受けている人がいますが、劇的に変化をもたらすというよりはシミやくすみの改善、予防という意味で続けています。

フォトフェイシャルをした人としなかった人とでは10年後にきっと違いが出る、そう信じているに違いありません。

肌のくすみやシミはメラニンによるものですが、フォトフェイシャルと呼ばれる光治療によってメラニンを破壊することができます。

フォトフェイシャルはおもにくすみやシミ、色むらなどに効果を発揮します。

薄いシミなどは一回の施術で目立たなくなることもありますし、フォトフェイシャルによってコラーゲンの生成が促されますので肌にハリや潤いが出ます。

フォトフェイシャルの光はそれほど強力なものではありませんが、肌の深層部でメラニンを破壊します。

破壊されたメラニンは肌の表面に浮き上がってきますので、一時的にシミが濃くなったと感じることもあるかもしれません。

その後かさぶたとなって剥がれ落ち、生まれ変わった新しい肌が現れるという仕組みです。人によっては数回の施術で肌がワントーン明るくなったという方もいます。

レーザー治療との違いですが、レーザー治療は症状のある部分にスポットで治療を行います。

一方でフォトフェイシャルは弱い光を顔全体に照射するので、顔の肌の悩みを総合的に解消してくれます。

ダウンタイムも少なく施術後すぐにメイクができる場合もあります。

フォトフェイシャルの流れについてみてみましょう。まずは医師とカウンセリングを行い、肌の状態をチェックします。

フォトフェイシャルの光から目を守るためにアイマスクを着用します。

光の強さや照射時間はその人の肌の状態によって異なるため、経験のある医師の判断が必要となります。

一回の施術時間はおおよそ15分から20分程度で、その後炎症があるようでしたら肌を冷却することもあります。

施術中はぱちんと輪ゴムではじかれたような痛みが伴いますが、強い痛みではないので安心してください。

フォトフェイシャルはどの程度の頻度で続ければいいのでしょうか。できれば4週間に一度、5回以上続けることで効果を実感できると思います。

フォトフェイシャルを行う際の注意点ですが、施術後は肌が敏感になっていますので、紫外線を避けるために日焼け止めを必ず塗ってください。

またマッサージや自宅で美容器具などを使うのも避けた方がいいかもしれません。

フォトフェイシャルは基本的な美容施術なので多くの美容皮膚科で行われています。ただし使用されている機械や医師の熟練度なども異なりますので、口コミをチェックして評価の高いクリニックで治療を受けるのがいいでしょう。

せっかく高いお金を払ってフォトフェイシャルを受けるのですが、目に見える効果を期待したいですよね。

自然治癒力で肌がどんどん再生される!ニューダーマローラーがすごい

ニキビ跡、毛穴の開き、小じわ、美白、とにかくなんにでもすごい威力を発揮する治療といえばニューダーマローラーです。

1分間に肌に約6万個の穴を開けるというこのニューダーマローラーとは一体どのような治療なのでしょうか。

今までは治療が困難と言われてきたクレーター状のニキビ跡もダーマローラーを繰り返すことで傷が浅くなっていくと言われています。

またビタミンCやコラーゲンの生成も促され、美白はもちろん肌にハリや潤いを取り戻すことができます。

ニューダーマローラーは超極細の針がついた機械で高速振動により一秒間に100回、一分間に約6万個の穴を肌に開けることができます。

顔に無数の穴を開けると聞くとなんだか怖いイメージがありますが、微細な穴なので見た目にはわかりません。

細胞には創傷治癒力があり、傷ついた細胞は自然に再生しようとします。この際に新しい細胞が生まれ変わり、コラーゲンが増加します。

ニューダーマローラーは施術直後から数カ月にわたって肌の深層部でコラーゲンが増え続けますので、直後よりも数か月後の方が効果を実感することができます。

施術後数カ月で肌細胞の量が施術前の1000倍にもなると言われています。古い細胞が全て生まれ変わるということは、画期的だと思いませんか。

従来のニューダーマローラーは痛みや出血がありましたが、最新の機械では圧力を機械でコントロールしていますので肌への負担が軽減されています。

以前はその名の通りローラー式だったのですが、現在ではペン式となり垂直に針を押し当てることができるようになりました。

肌への負担が少なくなった分、ダウンタイムも短くなり、翌日にはメイクをすることができます。

私はたくさんある美容皮膚科の施術の中で最も効果が高そうだなと感じました。もちろん症状や肌質によってどんな施術が効果的なのかというのは医師の判断に任せる方がいいと思いますが。

ニューダーマローラーの施術の流れについて簡単にご説明しましょう。まずカウンセリングを行い、メイクなどを落とします。

麻酔クリームを塗って30分ほど待ちます。麻酔クリームを使用しますので施術中の肌の痛みはほとんどありません。施術自体は約10分ほどで終了します。

器具を肌に当て、極細の針で施術を行います。終了後は成長因子などを含んだパックをすることで炎症を最低限に抑えます。

人によっては施術後数日間は赤みが残ることもあります。施術後は肌が乾燥しやすいので保湿対策、紫外線対策は欠かせません。

肌に針を刺すということで傷が残るのではないかと心配される方がいますが、目に見えないとても小さい穴なので安心してください。穴自体は数時間で閉じてしまいます。

一度でも効果は感じますが、効果を最大限に得るためには4回程度施術を受けることをおすすめします。

ビタミンC内服薬や成長因子を含んだパックなどの外用薬などを購入することができますので、自宅でもケアすることでより美しく肌が生まれ変わることができます。

手軽で即効性あり!初心者はまず美容注射や美容点滴がおすすめ

なんだか疲れている、肌のハリがない、肌荒れがひどい、、そんなときには食生活に気を付けてみたり、化粧品を変えてみたりするけど効果はいまいち。

もっと即効性のある治療法があればいいのにと思う方におすすめしたいのは、美容注射です。

注射というと子供のころ親に引きずられていった予防注射のイメージが強いと思いますが、美容注射は大人のための注射と言えます。

美容注射は美しくなるための注射に間違いないのですが、一体どんな成分を注射するのでしょうか。

実は美容注射の中身は症状や要望に応じて様々なものがあります。まずメジャーなのものとしてはプラセンタ注射があります。

プラセンタとは胎盤のことですが、胎盤には赤ちゃんが成長するのに必要な様々な栄養素が含まれています。

例えばアミノ酸、酵素類、ミネラル、ビタミンなどが含まれていて、疲労回復、抗酸化、美白、美肌、免疫力の向上などの効果があります。

ホルモンバランスを整えたり、コラーゲンの生成を促進したり、新陳代謝を活発にしてくれる作用もあります。

プラセンタ注射には皮下注射と筋肉注射があり、それぞれメリットデメリットがあります。

皮下注射は痛みは少ないですが、筋肉注射に比べると注入できるプラセンタの量が少なくなってしまいます。

一方筋肉注射は痛みはありますが、プラセンタを多く注射することができ、即効性があります。デメリットとしてはしこりになりやすいことや内出血しやすいことなどが挙げられます。

その他にもニンニク注射と呼ばれるものがあります。ニンニク注射と言ってもニンニクが入っているわけではありません。ビタミンB1を注射することで新陳代謝をアップして脂肪を燃焼してくれます。

血行促進や新陳代謝をアップする効果もあり、とくに疲労回復効果が高いのが特徴です。

仕事が忙しくてなかなか疲れがとれないという方におすすめです。

その他にもいくつものビタミンや抗酸化成分、美白成分を組みあわせたカクテル注射と呼ばれるものもあります。

ニキビ跡や色素沈着、肌にハリを出したり、シミやくすみなどにも効果があり、肌トラブル全般を改善してくれます。

皮膚科でビタミン剤などを処方されることがありますが、飲み薬の場合は効果が出るまで時間がかかったり、効果があいまいだったりします。

しかし、ビタミン注射なら即効性があり、頻度を高めることで継続して効果を感じることができます。ストレスや更年期障害にも効果があります。

プラセンタ注射やニンニク注射、カクテル注射にはサプリや飲み薬に比べ効果が高く即効性があります。

一方で美容注射には稀に腕にだるさを感じたり、ショック症状を起こしたりするリスクも伴います。また美容注射をすると献血ができなくなります。

美容注射のメリットデメリットをきちんと把握した上で手軽にできる美肌治療として受けてみるのもいいと思います。

美容注射はレーザーなどの施術を受けるのはちょっと怖いなと感じている美容皮膚科初心者におすすめです。

即効性や安全性を重視するならヒアルロン酸がシワに効果大!

私は以前自宅近くのいわゆる美容皮膚科ではない町の皮膚科に通っていたのですが、そこには毎日100人近い人々が注射に来ていました。

高齢者が多かったのでいったいなんの注射なんだろうと不思議に思っていましたが、みなさんが打っていたのはヒアルロン酸注射でした。

ヒアルロン酸とは潤いの成分として化粧品などにも多く含まれていて、良く知られた成分です。

ヒアルロン酸は関節の内部を満たしていますが、膝などの関節が炎症を起こすとこのヒアルロン酸は減り粘り気や弾力性を失い、膝がスムーズに動かず痛みを伴うようになってしまいます。

高齢者の多くはこのヒアルロン酸注射を打つことで膝の痛みを改善しています。

しかし、このヒアルロン酸注射には他にも使い道があります。ヒアルロン酸のこの粘り気や弾力性を利用して、ほうれい線などを皮膚の内側から改善しようというのが美容皮膚科で行われているヒアルロン酸注射によるアンチエイジングの施術です。

ゴルゴラインとも呼ばれるほうれい線は最も女性を老けて見せる嫌な存在です。ほうれい線が解消されるだけで、随分と若く見えるから不思議です。

それもレーザーなどの施術に比べると即効性があり、初めての方でもしっかりと効果を感じられるのが特徴です。

なんとなくではなく、明らかにシワが薄くなったと感じられることは施術を受けるうえで大きな励みになります。

ヒアルロン酸注射を受けるためには熟練された医師の技術が必要となります。シワの状態によって打つ場所や打つ量が変わってくるからです。

ヒアルロン酸には固めのものや柔らかめなものなどいくつかありますので、シワの状態にあったものを選ぶのが大事です。

ヒアルロン酸は種類によって抗酸化作用があったり、痛みを軽減するための麻酔が含まれていたりと負担が少なくなるように作られています。

最新のヒアルロン酸の中には流動性があり、しこりになりにくいものもあり、頻繁に動かす口元のシワに適しています。

通常ヒアルロン酸注射の効果は数カ月で、その後は皮膚に吸収されてしまいますが持続効果が長く続くものも最近では使用されています。

医師は沢山の種類のヒアルロン酸から患者の要望を聞いて使用するものを選びます。

ボトックスが筋肉を収縮させることでシワを軽減するのだとすれば、ヒアルロン酸は肌をふっくらさせることでシワを解消してくれます。

それぞれシワの場所や状態によって使い分けることで顔全体のシワを改善することができます。

ヒアルロン酸注射に失敗したらどうしようという人も安心してください。ヒアルロン酸は施術後数カ月で自然に体内に吸収されます。

またヒアルロン酸分解注射というものがあり、施術に納得がいかなかった場合でも修正することができます。

ただし、修正後一ヶ月は新たにヒアルロン酸注射をしても分解されてしまうリスクがあるため、注射はできません。

万が一、肌がでこぼこになるなど施術に失敗しても修正が可能というのは嬉しいですね。