Page 3 of 5

肌のシワやたるみを除去し若さを取り戻す!FGFっていったい何?

美容皮膚科のことについて調べているとたくさんの聞きなれない単語を目にします。

施術名や機械の名前など横文字が多いですね。

その中でも頻繁に現れるFGFとかEGFとはなんのことでしょうか。

FGFとはいわゆる肌再生のための薬剤で肌に注入したり、パックのようにして使用します。

FGFとは線維芽細胞増殖因子と呼ばれるもので肌の再生を促す再生医療として注目されています。

これ自体が治療法というよりはダーマローラーやピーリングの後にさらに効果を高めるために肌のくぼみや術後の肌に塗るものと考えるとわかりやすいと思います。

加齢とともに肌に弾力やハリが無くなってしまうのはコラーゲンが失われていくからです。コラーゲンは線維芽細胞によって作られるので、この線維芽細胞を増やすことが先決です。

線維芽細胞はそもそもタンパク質の一種で私たちの体の中に存在しますが、これを美容皮膚科でさらに増やしてもらおうということです。

線維芽細胞増殖因子(FGF)を肌のくぼみに注入することで数週間かけて周辺のコラーゲンが増殖し、皮膚が再生していきます。

FGF自体は肌の表面にとどまるのですが、FGFの受容体の働きによって深層部分へ働きかけ、コラーゲンの増殖につながるのです。

従来シワの改善、ニキビ跡の治療というともっとおおがかりな治療がメインだったのですが、肌の再生医療は自分の肌の中で自然に再生が行われるため肌への負担が少ないのです。

ヒアルロン酸の注入もシワに効果がありますが、効果は約半年ほどなのに対し、FGF注入法ですと長期的に持続します。

またFGFはヒアルロン酸よりもアレルギーを引き起こすリスクが少ないと言われています。一方で即効性のあるヒアルロン酸に比べ、FGFは肌の再生までには数カ月かかることもあります。

しかし、一方で想定以上に肌が盛り上がってしまった、効果が出るまで時間がかかったなど不満の声も聞かれます。

FGFは肌をふっくらさせてシワを消すのですが、肌がふっくらを通り越して盛り上がり過ぎることもあり、ヒアルロン酸のように自然に吸収されることがないので修正が難しいと言われています。

これは美容医療に限らず医療全般で言えることですが、ミスや失敗なども必ずあり得ます。それを避けるためには技術の確かな医師を選ぶ、入念なカウンセリングを行うなどが必要です。

FGFはシワやニキビ跡の凸凹以外にも、目の下のくぼみやこけた頬、手の甲のシワなどにも効果があります。

個人的な意見ですが、FGFに関しては再生医療の専門家のもとで施術を行う方が安心かなという印象を受けました。クリニックの中には再生医療に力を入れているところがありますので、チェックしてみてください。

ちなみに真皮層の繊維芽細胞に働きかけるFGFに対し、EGFは表皮の角質層に働きかける因子のことです。EGF、FGF両方の成長因子を使用することでより高い効果を発揮することができます。

よく耳にするケミカルピーリング!肌のターンオーバーを促してくれる

肌がキレイな人とそうでない人の違いはなんでしょうか。もちろん元々の肌質もあると思いますが、正常なターンオーバーがなされているかどうかということはとても大事です。

肌というのは新陳代謝によって常に生まれかわっています。肌の深層部分で古くなった細胞は少しづつ表面に押し上げられ、角質となって剥がれ落ちます。

正常なターンオーバーの周期は約28日ごとと言われていますが、加齢とともにターンオーバーの周期が乱れ肌が生まれ変わるペースが遅くなります。

そうなると古い角質が表面に溜まり、肌荒れを起こしたり、くすみやしみとなってしまうのです。ターンオーバーが正常に行われていないと肌バリアが失われ、十分な潤いを保持できなくなり、肌にハリや弾力が失われてしまいます。

肌のターンオーバーを促すために様々な商品が販売されていますが、刺激が強すぎるものだと肌が傷ついてしまうことがあります。

ピーリング化粧品は洗顔料や化粧水として購入が可能ですが、商品によっては使用頻度を調整する必要があります。

正常なターンオーバーを促し、かつ肌に刺激を与えすぎないことを求めるなら美容皮膚科でケミカルピーリングを受けることをおすすめします。

美容皮膚科でのピーリングなら一人一人の肌質にあったピーリングを行うことができます。ケミカルピーリングはニキビやくすみ、シミの改善をはじめ、ニキビ跡を薄くすることも可能です。

ピーリングによって古い角質が除去されることで肌が明るくなったり、透明感が出たりします。毛穴に溜まった角栓も取り除かれ肌のざらつきが解消されます。

ピーリングに使われる薬剤にはグリコール酸やサルチル酸などいくつか種類があり、強さが異なります。患者の症状に応じていくつかの酸を組み合わせたり、濃度を変えたりして調整します。

酸と聞くと刺激が強くなんだか肌に悪そうなイメージがありますが、マイルドなものもありますので安心してください。

最近では角質層のみに働きかけ正常な肌には影響しないような薬剤も開発されています。

ケミカルピーリングは一度で劇的な変化をもたらすものではありません。もちろん肌が明るくなった、くすみが解消されたという実感はあると思いますが、深いニキビ跡がすぐに治るということはありません。

ケミカルピーリングには間を置いて何度が受ける必要があります。

ケミカルピーリングの流れですが、カウンセリング後洗顔をしてメイクを落とします。その後、筆のようなもので薬剤を顔全体に塗り、少し時間を置きます。

薬剤を洗い落として施術は終了です。薬剤を塗る時間は約5分ほどです。施術後はぴりぴりした痛みがありますが、数時間ほどでおさまります。

施術後1週間は日焼け止めを塗って紫外線に当たらないようにしましょう。メイクも翌日から可能な場合がほとんどです。

またピーリング後は肌が乾燥しやすくなりますので、十分に保湿することが大事です。美容皮膚科の場合、施術後の肌の状態に合った化粧品を購入することが可能です。

肌の奥深くへ高周波を届ける!進化し続けるサーマクール

美容皮膚科で行う施術にはじつに様々な種類があって、レーザーだの光治療だのよくわかりません。

何がどう違うのか、どのような効果があるのか混乱しがちですが美容皮膚科は患者一人一人の症状をみてどのような治療法が最も効果が高いのか判断してくれます。

中には自分で調べて特定の施術を希望する人もいますが、医師の意見をきちんと聞くこともとても大事です。

サーマクールは肌の悩み全般に効果があるレーザー治療です。肌のたるみやニキビ跡にも効果があり、皮脂腺が縮小するのでニキビのできにくい肌になります。

サーマクールは肌のハリと引き締めに欠かせないコラーゲンの生成も促しますので、手術なしでスピーディに美肌を実現してくれます。

また最新のサーマクール機械では従来のような痛みや肌への負担が格段に軽減され、ダウンタイムもほとんどありません。

サーマクールとはどのような施術なのか簡単にご説明しましょう。サーマクールは肌の深層部にある細胞を活性化することで肌の再生力を高め、コラーゲンの生成を促す方法です。

簡単にいうと肌の表面は傷つけず、肌の深層部に熱を加えることで自然な治癒力によって細胞を修正させるという仕組みです。

頬のたるみやあごのたるみなどを対象とする施術はいろいろありますが、瞼のたるみにはこれまでなかなか対応することができませんでした。

しかし、最新のサーマクールなら専用のチップをつかい、瞼のたるみを解消し、引き締めてくれます。

目元がたるんでいるとどうしても老けて見えてしまいますし、ぼんやりした瞳では魅力が半減してしまいます。サーマクールで老けた印象を与えてしまう目元の細かいシワを解消しましょう。

サーマクールはとくに高齢の方にはリフトアップ効果が高い施術です。サーマクールの効果は施術直後よりも4週間以降に高い効果を実感できです。

施術直後から徐々に細胞の修正が始まっているのです。基本的にサーマクールは一度で完了することができますが、継続的に効果を感じたい場合には半年に一度施術を受けるといいかもしれません。

サーマクール施術の流れですが、まずはカウンセリングを受け、治療を受けることに問題がないかチェックします。その後、洗顔してメイクなどの汚れを落とします。

麻酔クリームを塗り、適格に照射するためにマーキングシートを肌の上にのせます。ジェルを塗ることで肌を保護し、顔全体に照射していきます。

とくにたるみが気になる部分は重点的に照射します。施術時間は30分ぐらいなので他の施術に比べると若干時間がかかりますね。

サーマクールは現在あるたるみを解消してくれるだけではなく、将来的なたるみの予防にもなります。そのためにも継続して治療をうけることをおすすめします。

アンチエイジングに欠かせないと言われているサーマクール、ぜひ自分へのご褒美に受けてみてください。継続することで肌の老化も緩やかになりますので10年後が楽しみになりますよ。

海外セレブはみんなやってる!シワを取るならまずはボトックス

加齢とともにどうしても避けられないのが顔のシワやたるみ。

40歳前後ではまだまだ若々しい人もいますが、50歳ともなるとシワのない人はほとんどいません。

シワがあるとどうしても年齢相応にみられて、鏡を見るたびに悲しくなってしまいます。

中にはシワはこれまでの人生沢山笑った証拠と言える人もいますが、本音を言えばシワが無い方がいいに決まっています。

どんなに美しい人でも歳を取ればシワができてしまうというのは、海外のセレブを見ればわかります。

若いころは絶世の美女と言われたあの女優も50歳を過ぎると深いシワが刻まれます。

しかし、海外のセレブの中には年齢の割にはシワが少ないんじゃない?と思える人々がいますがこれはどういうことなのでしょうか。

実はその答えがシワをなくすボトックス治療なのです。海外セレブの合言葉といえば”ボトックス”なのです。

ボトックスとはボツリヌス菌から抽出される成分の一つで、神経伝達物質の働きを弱める力があります。

筋肉の動きを弱めることができるので、シワの予防にもなりますし、すでにあるシワにも作用します。とくに眉間のしわやおでこのシワ、目の際の細かいシワなどに効果があります。

ボトックス注射にはシワをなくすだけではなく、肌が引き締められ、ハリが出るという効果もあります。

ボツリヌス菌を体内に入れるなんてなんだか怖いという人も安心してください。ボトックスは筋肉に作用するものなので、徐々に筋肉に吸収されやがて効果はなくなります。

いつまでも体内に残留するものではないので、心配はいりません。そのかわり効果を持続するためには定期的に注射を打つ必要があります。

ボトックス注射は顔のシワだけではなく、エラ張りやまぶたのたるみ、あごの凸凹やふくはぎ痩せにも効果があります。また汗をかきにくくなる効果もありワキガや多汗症の方にはおすすめです。

ボトックス注射を受けるにあたって注意しなければならないことは、経験豊富な医師を選ぶことです。ボトックス注射を打つ場所や薬剤の量は医師の判断によって決められます。

また稀にボトックスに対するアレルギーをお持ちの方もいますので注意が必要です。注射に使用するボトックスもアメリカの会社のものでFDAに認可されているものです。

安価なボトックス注射の中にはアジア諸国で生産されているものもありますので、事前に確認することが大事です。

ボトックス注射の流れですが、まずはカウンセリングを行い、注射する場所を確認します。その後麻酔クリームを塗布し、注射をします。治療にかかる時間は10分から15分です。

効果は数日後から現れることが多いようです。ダウンタイムは短く、時には赤くなることもあるようですが、内出血もほとんどありません。

メイクや入浴も施術当日から行うことができます。

この記事を読んでほうれい線のことが書かれていないので気になった方もいるかと思いますが、ほうれい線には他に効果的な治療法がありますので別の記事でご紹介しますね。